迷人の雑言(平成31年/令和元年分)

平成30年分へ

令和元年12月分

 ◎ 迷人の雑言 「 政治意識の向上が必要では・・・。 
   
 日韓の軍事情報包括保護協定「GSOMIA」の「破棄」が「中断」されるという妙な結果にな
りました。
 もっともそう言っているのは韓国だけですが。

 もともと「GSOMIA」というのは1年ごとに自動延長するという協定なので、破棄しないので
あれば1年延長されるということです。
 とはいえ、約束事なんて守る意識のない国「韓国」ですから
 「日本の態度次第でいつでも破棄できる。」
 などと言っています。
 韓国国民もそういった「まやかし」を信じてしまうのですから、救いようがありません。

 今や「反日」、「反米」国家となってしまった「韓国」。
 米国もそろそろ「断韓」を考える時期ではないでしょうか。

 さて、そんな重要な出来事が起こっているのに日本国内では、政治もマスコミも「桜を見る
会」の話題ばかりです。
 とても、「韓国」のことを笑ってばかりはいられません。
 国会が開かれているはずですが、何か政策や法律に関して貴重な議論や討論が行われ
たという話が聞こえてきません。
 真面目な憲法論議でもしてもらえないものでしょうか。

 憲法について言えば、一般人で現状憲法について理解している人がどれだけいるでしょう
か。
 マスコミも、その現状憲法の解説ぐらいやったらいいのにと思いますけどねえ。

 日本人は政治に無関心すぎませんか。
 もっとも韓国のように「プロ市民」が扇動する政治意識は良くありませんが。


 日本でも「市民団体」と称する人たちの意見には注意しましょう。
 そういえば、厚労省の「人生会議」の啓発に関するポスターが「患者団体」というプロ市民
からクレームが入ったことで「お蔵入り」になってしまうそうです。
 一部の人の意見にすぎないと思いますけどねー。
 私はいいポスターだと思いますし、せっかく作ったポスターが無駄になってしまうがね。

 多くの人が反対していた「表現の不自由展」は継続され、一部の人が反対する啓発ポスタ
ーはお蔵入りになり・・・。
 いずれも行政がプロ市民の圧力に屈した姿です。
 このプロ市民の力が強力になりすぎた国が「韓国」です。
 だからこそ「民情政治」が行われてしまいます。
 日本はそんなことにならないよう、一人ひとりが気をつけなければなりません。
                   

 ◎ 迷人の健康状態

   
 11月も体調に問題はなし。
 インフルエンザワクチンも接種し、これからの季節に備えています。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 11月のゴルフは2回。スコアは96(50、46)、109(66、43)。
 すごいですよ。コンペでハーフ66もたたきました。どうしてこんなことになってしまったの
か、自分でもよくわかりません。昼飯食ったら良くなったのですが。前後半のスコア差23はコ
ンペでの「大波賞」の記録だそうです。
  

令和元年11月分

 ◎ 迷人の雑言 「 消費税アップから1ヶ月ですが・・・。 
   
 先月の「フェイクニュース」関連の続きですが、共同通信がまた「フェイクニュース」を発信し
ました。
 いわゆる徴用工問題について
 「日韓両政府が事態収拾に向けた合意案の検討に着手した。」
 というもので
 「韓国側が「経済協力」を名目に創設した基金に日本企業も参加するというもの。」
 ということですが、即座に日韓両政府が否定して「フェイク」だということがわかりました。

 共同通信にしろ、朝日新聞にしろ、事実ではなく、希望・願望・憶測を事実のように報道す
るので、こういった「フェイクニュース」がたびたび発信されてしまいます。
 今回のニュースは誰が考えても「うそ〜」というものでしたから、世論操作するほどの影響
はなかったと思いますが、微妙な内容だと「フェイク」で世論操作ができてしまいます。
 メディアの目的がその「世論操作」だったりしますので、受け手も気をつけなければなりま
せん。

 さて、消費税が10%になって1ヶ月がたちますが、最近メディアで消費税のことが話題に
なることはなくなりました。
 マスコミもフォローアップするようなことはありませんからね。
 私のまわりも何事もなかったような生活状況です。
 「軽減税率」に「ポイント還元」。
 特に「ポイント還元」はまだその対象店舗に出会ったことがありません。

 「ポイント還元」は中小小売店の売り上げ減少対策として、キャッシュレス化を前提として導
入されましたが、来年6月までの期限付きなことと、キャッシュレス化環境を作ることが求め
られるためか、その対象店舗はあまり多くありません。

 我が家の近くでも、スーパーは「大規模店」ということで「ポイント還元」の対象にはならず、
小規模店はキャッシュレス化していないので、ほとんどの買い物で「ポイント還元」の恩恵は
受けておりません。
 「ポイント還元」を受けられるのはせいぜいコンビニぐらいですが、私らはほとんどコンビニ
には行かないので、関係がありません。

 ゴルフに行ってもダメ。
 先日伊豆・修善寺に車で旅行に行き、清水湊から土肥湊までフェリーに乗りましたが、ここ
でもダメ、土肥に着いて昼飯に入った料理店でもダメ。

 「軽減税率」にしろ「ポイント還元」にしろ、大騒ぎして導入した割には大した影響がないと
いうことではないでしょうか。
 やはり小手先の策を弄するより、単純に淡々と10%への引き上げを実施した方がよかっ
たのかもしれませんよ。
                   

 ◎ 迷人の健康状態

   
 10月も体調に問題はなし。
 が・・・。朝晩の気温が下がってきたので要注意です。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 10月のゴルフは2回。スコアは98(51、47)、98(51、47)。
 スイングは良くなってきたんですけどねえ。
  

令和元年10月分

 ◎ 迷人の雑言 「 フェイクニュースだらけです。 
   
 トランプ大統領が誕生した時から、盛んにフェイクニュースをいう言葉が使われるようにな
りました。
 トランプ大統領がCNNなどのマスコミの報道に対して
 「フェイクニュースだ!」
 と言って批判していたのですが、その時は私も
 「トランプ大統領もずい分な言いがかりをつけるものだとな。」
 と思っていました。
 マスコミはほぼ真実を伝えているものと、漠然と考えていましたから。

 しかしながら時が経って、特に日韓問題などのニュースを見聞きするにつけ、マスコミ報道
はほとんどがフェイクニュースだということを実感するようになりました。
 まったくのフェイクニュースから悪意に満ちたフェイクもどきニュースなど。

 マスコミの報道をそのまま疑いなく信じてしまうと、誤った方向に意識を誘導されてしまいま
す。
 洗脳と同じ効果になってしまいます。
 「嘘も100回言えば真実になる。」
 と言いますからねえ。
 韓国のやっていることはまさにこの「嘘を100回言う」作戦です。
 慰安婦、徴用工、旭日旗、放射能・・・。
 日本のマスコミのほとんどは、その韓国の「嘘」を垂れ流しています。
 韓国内だけの「嘘」なら世界も信用しないでしょうが、日本国内でその「嘘」が真実のように
垂れ流されていれば、信じてしまっても仕方ありません。
 まさに売国行為です。

 韓国の「嘘」のいろいろの中でもっとも許せないのが「放射能」に関するものです。
 「放射能まみれの日本でオリンピックを行うのは止めろ!」
 とIOCに訴えたり
 「放射能まみれの福島産食材をオリンピック選手に提供するのはけしからん。」
 「韓国はオリンピックの際は食材を韓国から持っていく。」
 などなど。
 大震災で被害を受け、必死に復興しようとしている日本や被災地の人々に対して、鬼畜の
ような行為を行っているのです。

 そんな韓国の与党が日本の「放射能汚染地図」なるものを作成し世界に発信しています。
 東北から関東までの全地域が汚染されているということになっています。
 この情報は日本のある「反原発市民グループ」のデータに基づいているということです。
 ここにもそんなフェイク情報を流す日本人がいるのです。
 カルト教団並みのイカれた市民団体なるものがいっぱいありますからねえ。
 そういうイカれた人たちが、政界や教育界やマスコミ界などそれなりに影響力のある部門
にいっぱいいるので大変です。
 
 とにかく、世の中に出てくる情報はほとんどフェイクニュースだと疑ってかかって、そのニュ
ースの出どころをよく確かめることです。
 例えば、朝日新聞と産経新聞で同じ内容の記事があったら多分本当のニュースですが、
どちらか一方にしかない記事はフェイクだと疑った方がいいでしょう。
                   

 ◎ 迷人の健康状態

   
 9月も体調に問題はなし。
 ただ・・・。最近少し気が緩んで2Kgほど太ってしまいました。。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 9月のゴルフは2回。スコアは98(48、50)、97(49、48)。
 スイングがバラバラです。
  

令和元年9月分

 ◎ 迷人の雑言 「 先人の見識に学べ 
   
 韓国の問題に関し、3人の言葉を紹介しておきます。
 これらの言葉から現実を見つめ、将来を考えることが重要だと思います。

 まずは津田梅子先生の手紙から
 「父が帰ってきました。2、3日前に、思ったよりも早く着いたのです。朝鮮についてとても興
味深くおもしろい話をしてくれました。いくつかの点では、動物の方がこのような汚い朝鮮よ
りましだと思いますし、あるところには本当に野蛮な人びとがいるのです 。
 彼らは衣服や食料はとてもよいのですが、粗末に不潔につくられているのです。家は掘っ
立て小屋のようだし、妻たちは完全に奴隷か囚人のようです。寝食や労働のために一つの
部屋からでることもせず、下層階級の人びとだけが日中、日光にあたるくらいのものです。
…彼らの習慣は下劣で、何もかもが汚くそして粗野なのです。」

 そんな朝鮮を併合して、インフラを整備し、学校を作って教育し、生活改善を行っていった
のが日本です。
 そして日韓条約締結による金融支援による「ハンガンの軌跡」により韓国は発展しました。
 しかしながら、そんな日本を韓国は「侵略した」と言い、韓国と戦争もしていないのに「戦犯
国」と言い、何度も「謝罪と賠償」を要求し続けています。

 そして現在の韓国文大統領の言葉
 「一度の合意で過去を終わらせられず。」

 要は、条約も守らないということを大統領自身が言ってしまったのです。

 こんな相手に関して福沢諭吉先生の言葉
 「左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に
介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束
ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ。」

 要は「約束を守らないような人種だから関わらない方がいいよ。」と言っているわけで、や
はり先人の教えに従って「断韓」に向かって行くのが正解なのではないでしょうか。
                   

 ◎ 迷人の健康状態

   
 8月も体調に問題はなし。
 畑仕事にも精を出しています。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 8月のゴルフは1回。スコアは102(50、52)。
 大雨でスタート前から気持ちが萎えてしまいました。
  

令和元年8月分

 ◎ 迷人の雑言 「 断韓に向かって・・・ 
   
 参議院議員選挙も終わりました。
 概ね予想通りの結果となりましたが、ちょっとしたハプニングもありました。
 泡沫候補と見られていた「れいわ」が2議席、「N国」が1議席確保したのです。
 既成政党によほど魅力がなかったということでしょうか。

 韓国では、この選挙に利用するために「輸出規制」を行ったという主張がありましたし、日
本の「反日マスコミ」も同様の主張をしていました。
 が・・・。結果的にはほとんど影響してなかったようです。
 もともと「輸出規制」ではなく、「輸出管理の見直し」で、「優遇」しているのを「普通」に戻す
ということですから、本来それほど大騒ぎするほどのことでもありません。
 韓国や日本マスコミが「輸出規制だ」とか「制裁だ」とか煽るものだから注目され、嫌韓ムー
ドが助長されてしまいましたが、安倍総理は選挙に利用しようなんて思ってなかったでしょう。
 
 経済産業省としては、ずっと前から「輸出管理の見直し」をやりたかったそうです。
 韓国側の管理があまりにも杜撰で、しかも協議に応じないことからです。
 ただ、与党内にも慎重論があって、なかなか実施できないでいたようです。
 例の「募集工問題」での韓国側のかたくなな態度に、与党内の空気も変わって行き、「見直
し止む無し」ということになったとか。
 輸出した「フッ化水素」などの行く先がわからなくなっていることなどに関し、韓国側にはG2
0までに「輸出管理状況」の実情調査報告を行うよう求めていたのに対し、韓国からは「無回
答」だったことから実施を決断したようです。

 「ホワイト国」除外はまだこれからです。
 パブリックコメントが実施され、7/24で終了しましたが、応募コメントが3万件を超えたそ
うで、この種のコメントでは格段に多い数だそうです。
 かくゆう私も投票しました。もちろん
 「ホワイト国除外に賛成です。」
 ということで。
 賛成のコメントは90%を超えたそうです。
 いがいにみんな「反日マスコミ」に影響されてないかってことですね。

 日本の「反日マスコミ」の主張もひどいですね。
 世耕大臣が、今回の「輸出管理の見直し」に関し、「輸出規制」ではないので正しく報道し
てほしいと、つい最近指摘していました。
 「輸出規制」と報じているのが、朝日新聞、毎日新聞、日経、NHK。
 NHKがここに入ってくるのは問題ですね。
 このへんからも、「N国」主張の、「NHKをぶっ壊す」という運動に共感が集まったのかもし
れませんよ。

 もともと新聞は偏向しているので、私は読みません。
 朝日新聞の記事で、事実を正しく載せているのは交通事故のニュースぐらいと言われてい
ます。
 それ以外は、事実が捻じ曲げられて報道されているということです。
 事実と主張をまぜこぜにして記事にするので、ねじ曲がった内容になってしまいます。
 事実と主張を別々に載せればいいのにと思いますが、それができない体質になってしまっ
ているんでしょう。
 そうした体質から「慰安婦問題」のような「捏造記事」まで書いてしまいましたが、その体質
は現在もまだ脈々と引き継がれているようです。。

 新聞もひどいですが、テレビもその傘下にありますから、同じように偏向します。
 「テレビ朝日」や「TBS」。
 ということで、最近はテレビもあまり見なくなりました。
 最近の情報源はネットニュースとUチューブです。
 このところの私のお気に入りはUチューブの 「 カッパえんちょー 」 です。
 ほとんどが「り地域韓国さん」の話題で、ちょっとドギツイですが、話し方が面白いですよ。
 中身も的を射ていることが多いですし。
 もっとも、パヨク系の人は腹が立つだけでしょうから、見ない方がいいと思いますが。

 さて今後の日韓関係どうなるんでしょうか。
 「募集工問題」で「現金化」が実施されたら、今度は本当に「制裁」が始まるでしょうから、行
きつくところまで行くかもしれません。
 今回分かったのは、韓国に対する「制裁」のカードがいっぱあるということです。
 まだ何もしてないのにこの大騒ぎですからねえ。
 韓国では日本製品の「不買運動」が行われていますが、論理が矛盾しています。
 「売ってやらない」と言っているのに「買ってやらない」って・・・。
 不買は別にかまいませんが、やっていることは、ビールの中身を捨ててみたり、レクサスを
壊してみたり・・・とこれは不買でもなんでもない単なるパフォーマンスであり資源の無駄遣い
でしかありません。
 日本領事館に押し入ったりする行為も行われており、野蛮で下品な行動が目立ちます。
 まあ、そこに「り地域民」である韓国人の本質が現れており、、日本人との民度の違いが顕
著に現れているということでしょう。

 韓国人は日本人を1000年恨み続けると言っています。
 そんな状況では、今後韓国とは関わり合いを持たない方がいいと思います。
 いわゆる「断韓」です。
 「カッパえんちょー」もそう言っていますよ。

 もっとも、最近アメリカが仲裁に乗り出して、ホワイト国除外を延期するように要請してきて
いるという報道もあります(これもフェイクニュースかもしれませんが)。
 また腰折れになってしまうかもしれません。
 そうなったらがっかりです。
                   

 ◎ 迷人の健康状態
   
 7月も体調に問題はなし。
 7/5に人間ドックに行って来ました。
 ダイエット効果絶大で、昨年に比べて数値が圧倒的に向上しており、昨年きつく叱られた女
医さんから「すばらしい」と褒められました。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 7月のゴルフは2回。スコアは91(49、42)、95(44、51)。
 暑くて、バテバテゴルフです。
  

令和元年7月分

 ◎ 迷人の雑言 「 運転免許更新に行って来ました 
   
 6/25に運転免許の更新に行って来ました。
 案内ハガキによると
 「誕生日前と後のおのおの1ヶ月内に更新手続きをすること、それから、月曜日〜金曜日
までの都合の良い日にいつでもいいから来てください。」
 ということが書かれてありました。
 前回までは行く日にちが指定されていたと思いますが。

 70歳以上の高齢者はまとめて更新手続きをするということのようです。
 10:50〜11:10に受付けをするということだけがハガキには書いてありました。

 ということで6/25。誕生日の前日です。
 10:30ごろ更新手続き会場に到着しました。
 会場に入ろうとするところで、係の人が
 「案内はがきを見せて下さい。」
 ということで、そのはがきを見せると
 「あちらの長イスに座ってお待ち下さい。」
 とのことなので、その長イスの方に向かって行くと、そこにも係の人がいて
 「一つのイスに3人づつ座って下さい。奥から順番に。」
 という指示。
 要は到着順に並ばせるということです。

 来ている人を見ていると、先ごろ池袋で悲惨な交通事故を起こした「上級国民」とまったく
同じように、両手に杖をついた見るからによぼよぼな爺さんとか、手押し車を引いたよぼよ
ぼの婆さんとかもいます。
 「あんたら、そんなんで免許更新するの?」
 って心の中で叫びました。
 現在のルールでは、認知症でなくて、視力さえ良ければ合格してしまうので仕方ありませ
んけどね。

 座って待っていると、また別の係の人が
 「10:40になったら手続きの説明をしますから。」
 ということですが、そんなことは案内ハガキには書いてありませんでした。
 もっとも、みんな年寄りだから、早めに来ることを見越しているのかもしれません。

 手続きの説明が始まる前に、入口のところでちょこちょこトラブっています。
 「案内はがきを持ってこなかった。」
 「免許証を持ってこなかった。」
 などなど。
 まあ、病院の待合室みたいな感じで、いろんな年寄りがいて、係の人も看護婦さんなみに
大変なことと同情しますけどね。
 係の人もそれぞれにやさしく対応していましたが、さすがに免許証を忘れた人には
 「今日は手続きできませんので、明日また来てください。」
 と冷たく突き放していました。
 
 10:40になって説明が始まりました。
 @ 「あそこの窓口へ行って、案内ハガキと高齢者講習修了書それに免許証を出して下さ
   い。そうすると更新申請書をもらえますから、それを持って記帳台に行って下さい。」
 A 「記帳台には、健康状況を問うアンケート用紙がありますから、設問の回答の”はい” 
   か”いいえ”にチェックを入れて下さい。」
 B 「2つの用紙には、今日の日付を書く欄がありますから年号を”令和元年”と書いて下さ
   い。間違ったら書き直しです。」
 要約この3点の注意事項です。

 10:50になって受付けが始まりました。
 係の人が
 「前方の人から順番に受付けの窓口に進んで下さい。まず一列目の人からどうぞ。」
 と言いますが、後方の方からひょこひょこ出てきて並ぼうとする人がいます。
 で、係の人が
 「ダメダメ。順番だから。」
 と注意して押し戻します。
 「あの人認知症検査大丈夫だったの?」
 疑いたくなります。

 更新申請書をもらって記帳台に行って記入します。
 その後視力検査なので、記入した用紙を持って並びます。
 並んだ人の書類のチェックをまた係の人が行います。
 「元号が”平成31年”になっているんで、”令和元年”に書き直して下さい。」
 「令和の字が間違っています。レイ(令)じゃなくてツメタイ(冷)になっていますので書き直し
て下さい。」
 と、また記帳台に追い返されます。
 せっかく並んだのに、順番が後ろになってしまいます。
 間違える人も人ですが、元号ぐらい用紙に印刷するなりハンコを押すなりしておけばいい
のにと思いますけどね。
 その程度の人がいっぱい集まってくるわけですから。

 その後写真を撮り、免許証ができるまでしばらく待つこととなりました。
 高齢者講習を事前に受けているので、今回は講習はないということで、免許証ができるま
で最初の長イスにかけてボーッと待つこととなりました。
 受付開始から1時間ほどで免許証を受け取り、帰途につきました。

 私の場合は75歳までの4年間の「ゴールド」免許となりました。
 「ゴールド」というのはこれまで無事故・無違反だったということで、免許の年数とは関係な
いということのようです。

 見たくもないないようなドタバタ劇場に行ってきたような気分ですが、ともかく無事に手続き
が終了し、ほっとしています。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 6月も体調に問題はなし。
 7/5に人間ドックに行って来ます。
 食生活改善の結果がいろんな数値に対してどう出るか、楽しみです。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 6月のゴルフは2回。スコアは98(47、51)、100(53、47)。
 最近左ひじが痛くてショットに不安ありです。
 一難去ってまた一難って感じです。
  

令和元年6月分

 ◎ 迷人の雑言 「 悪夢のような悲惨な事件や事故 
   
 最近「悪夢のような」、「悲惨」な事件や事故が続いています。
 「千葉小4女児虐待死事件」、「池袋自動車暴走死亡事故」、「大津自動車死亡事故」、「川
崎殺傷事件」などなど。

 安倍総理は、「悪夢のような民主党政権」という言い方をしました。
 その後、萩生田議員が
 「あれは「悪夢のような」ではなく「悪夢」です。」
 と言っていました。
 うまいこと言ったと思っているのかもしれませんが、言葉の使い方としては安倍総理大臣
の方が正しいと思います。
 
 「悪い夢の中だけで起こるような」考えられないような悪いことが現実に起きた時に、「悪夢
のような」という表現をします。
 萩生田議員の言い方だと、それは夢であって現実ではないことになってしまいます。

 最近の「悪夢のような」事件や事故は現実です。
 できることなら「悪夢」であってほしいと被害者やその家族は思うことでしょう。

 これらの事件や事故に関し、報道などでその後繰り返し議論されるのが、被害者側の対策
についてです。
 「被害者側に何か落ち度はなかったか」
 という見方です。
 一方で、加害者側に関する防止策に関してはあまり議論されません。

 上記4つの事件や事故に関しては被害者側に何の落ち度もありません。
 被害者側としては、事件や事故に関してもはや手の打ちようがありません。
 ところが、加害者側には手のうちようがいくつもあったように思えます。
 それどころか、関係者に大きな落ち度があるようにさえ思えます。

 「千葉小4女児虐待死事件」では、女児が必死に訴えているのに、教育委員会も児童相談
所も全く機能していませんでしたし、むしろ加害者に加担したと思われても仕方ないような行
動をしています。
 児童相談所に関しては、全国いたるところで「見て見ぬふり」をしているような現実がありま
す。学校のいじめ問題といっしょです。

 「池袋自動車暴走死亡事故」では、加害者は足の状態が悪いので、医者から運転をしない
ように言われていたということですから、確信犯的な行動です。
 ブレーキが利かなかったと言っているそうなので、反省の心もないということです。
 隣に夫人が乗っていたということですから、家族ぐるみの加害行為です。
 
 「川崎殺傷事件」では、引きこもりの加害者の親族が、市役所に14回も相談に行っていた
そうですが、市役所としては有効な処置はとらなかったということでしょう。
 ここでも児童相談所と同じ「事なかれ主義」が優先したと想像されます。

 このように、被害者側でなく、加害者側を見てみると、いくつも事前に対策することができた
事柄があるようです。
 もっと事件や事故を起こす前に、加害者となりそうな人に対して手を打つ方策を考えるべき
なのではないでしょうか。

 最後に、「悲惨」で思い出しましたが、韓国のあの失礼議長も「文悲惨(ムン・ヒサン)」。
 日韓関係も悲惨な状況にあります。
 Uチューブでの決まり文句。
 「ダメだコリア。」
 「統一おめでとう。日本は関係ない。韓国さようなら。」
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 5月も体調に問題はなし。
 これからは暑さに気をつけなければなりません。
 特にゴルフの時は要注意ですが、まずは暑さ慣れに努めたいと思います。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 5月のゴルフは2回。スコアは96(49、47)、93(47、46)。
 一時期の絶不調は脱した感じですが、まだまだショットが安定しません。
  

令和元年5月分

 ◎ 迷人の雑言 「 細かいことが気になってしまうボクの悪いクセ 
   
 令和元年となりました。
 私の没年号は令和にほぼ決定したということでしょう。
 心穏やかに余生を送って行きたいものです。

 が・・・。
 私は今年度の「地域・改良組合長」となりました。
 自治会管轄区域に所属する農地保有関係者が「地域・改良組合員」であり、私の管轄内で
は18軒あります。

 そもそも「改良組合」というのは昔、「土地改良」ということで「耕地整理」等を行うに当たり、
それらを円滑に進めるために農地保有者が組合を作り、行政とともに事業を推進していく組
織でした。
 市単位での「改良組合」という組織が存在し、その組織の改良組合長ほか役員がいて、組
織を仕切っていました。
 が・・・。今では「土地改良事業」としては何もやることがなくて、組織も有名無実なものとな
り、ついには全体を統括する組織は無くなってしまったようです。
 それでも末端の「改良組合員」はそのまま存続し、地域の「改良組合長」は存在します。

 私の地域では毎年、農地保有者の中で順番にこの「地域・改良組合長」を務めます。
 どこの地域も同じように決めているようです。
 従って、「改良組合」が何なのかもわからないまま、役員をやっているような状況です。

 地域の「改良組合」に対しては「改良組合委託」という名目で、人数に応じて「委託料」が市
から支払われます。
 「地域・改良組合」としての銀行口座があり、私の地域では年5,000円ほどが振り込まれ
ます。
 このことは、地域で会計報告を行いますから、地域の改良組合員は皆知っています。

 「4/25に改良組合長会議があるので出席して下さい。」
 という案内が来ました。
 この案内の発信者は農協の支店長でした。
 要は、農協の支店長が「改良組合長」を呼び出しているわけです。

 続いて市から
 「お金を振り込むので、同封書類にマイナンバーを記入し、4/25にマイナンバーカードを
持参して下さい。口座番号は登録済みなので記入不要。」
 との案内が来ました。

 「改良組合」という組織の姿が全く現れてきません。
 要は、改良組合員というのは、市と農協の「しもべ」というか「手足」という存在でしかないと
いうことでしょう。

 この日は農協に提出する資料の配布と回収を命じられ、資料を受け取りました。
 私は農協の組合員ではないので、私の分はありません。
 農協には地域の役員がいます。
 「なぜ農協の組合員でなく、改良組合員が農協の仕事をしなきゃいけないのか?」
 「市の「しもべ」はともかく、なんで農協の「しもべ」にならなきゃいかんのか?」
 なんて考えるのは私ぐらいのもので、皆特に疑問を持つことなく、淡々と言われるままに行
動するというのが田舎の常識です。
 70歳を過ぎても、その田舎の常識について行けないこの私。

 さて・・・。
 4/25当日、会議場へ行くと受付があり、市の職員が書類提出とマイナンバーカードの提
示を求めていました。
 「地域・改良組合」の口座に委託料を振り込むのに、なんで私個人のマイナンバーが必要
なのか理解できてませんでしたので
 「これって、個人の所得になるの?」
 って市の職員に聞くと
 「そうです。」
 という答え。
 「団体の口座に入るのに、なぜ個人の所得になるのか?」
 って聞くと
 「これは団体に入るお金ではなく、改良組合長個人の手当として振り込まれるものです。」
 とのこと。
 個人に手当が出ることなんて誰にも聞いていません。
 「えっ。そうなの?。だけど振込先の口座はわかっているから書かなくていいって書いてあ
ったから、団体の口座の話じゃないの?」
 と聞くと
 「市役所がいつか使ったあなたの口座番号がわかっているからです。」
 と言うので
 「えっ。そんな使いまわしをしているの?」
 「いずれにしても、そんなこと書くか説明しないとわからないじゃん!」
 こういう時は「浜っ子」になってしまいます。
 案内にもそんな説明は一切書いてありませんでしたしね。

 もっとも、ほとんどすべての人は何も疑問を持たず、淡々とマイオナンバーを記入した書類
を提出し、マイナンバーカードを提示して何事もなく通過して行きます。
 「ああやって生きられれば、オレの人生もずっと気楽だったろうになー。」
 ものすごく損をした気分になってしまいます。
 テレビドラマの「相棒」に出てくる「杉下右京」が毎度口にするセリフ。
 「細かいことが気になってしまうボクの悪いクセ。」
 私も同様ですが、この性分は死ぬまで治らないと諦めています。

 で、ともかくマイナンバーを記入した書類とマイナンバーカードを渡し、マイナンバーを
チェックしてもらい、カードを返してもらって受付を無事終了。

 と認識していたのですが・・・。。
 4/26に市役所から電話がありました。
 「昨日マイナンバーを記入した書類を提出していただけましたか?」
 ということなので
 「昨日渡したし、マイナンバーカードも渡してチェックしてたじゃん!」
 と言うと
 「そうですか。調べてみます。」
 と言うので
 「調べてなかったの?」
 「いえ。調べて無かったものですから。」
 禅問答みたいになってしまったので
 「ちょっと待ってよ。」
 と言ってもともと書類の入っていた封筒を調べてみると、なんと中にその書類が入っている
ではありませんか。
 「あったよ。なんでこうなったかわからないけど。」

 しばらくして市役所の職員がその書類を私の家まで取りに来ました。
 男女2人で。
 またなんか言われるかもしれないと警戒して来たんでしょうけど。

 結局、市役所も私も何も得をせず、お互い気分を害しただけの2日間でした。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 4月も体調に問題はなし。
 最近、食と運動に気のゆるみが出ている感があります。
 気を引き締めなければ・・・。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 4月のゴルフは2回。スコアは102(49、53)、86(45、41)。
 スコアは良くなりましたが、ショットが良くなったという実感はわいてきません。
  

平成31年4月分

 ◎ 迷人の雑言 「 免許の高齢者講習に行ってきましたが・・・ 
   
 今年6/26で71歳となり、ゴールド免許の期限が来て免許更新になります。
 ということで、「高齢者講習」の案内が来ましたので、3/28にその講習を受けるために、
自動車学校に行ってきました。

 1日3回の時間別コースがあるということでしたが、私は14:45〜のコースを申し込んであ
りました。
 「30分前までに来て受付をするように!」
 ということだったので、14:10ごろに受付をしました。
 私が受付を終わったら、教官らしき人が
 「それでは皆さんこちらへ。」
 ということで、そのへんにいた2人の女性(といってもおばあちゃん)といっしょに教室のよう
なところに案内されました。

 1回あたり3人(の受講生)のチームで講習を受けるんだそうです。
 ということで、早速講習開始。
 3人が集まったら始めるということのようで、30分早く始まりました。

 まず講習会の説明・・・ということでしたが、なぜかしら75歳以上の人の講習の際の「認知
症検査」についての説明でした。
 「いろんな絵を16枚見せて覚えてもらい、あとでその絵が何だったか答えてもらう。」
 「絵を見せたあと、数字の羅列の中で特定の数字をチェックしてもらう。」
 「でも、この数字のチェックは点数に関係ないので、真剣にやらなくていい。」
 「最後にヒントも出るので、そのヒントをもとに絵を思い出せばいい。」
 「16のうち7個答えられれば上等。」
 まあこんなような感じ。
 「それって今日関係ないじゃん!」
 って思わず突っ込みたくなりました。

 本日の講習内容についての説明はほとんどなく、まずは目の検査。
 @ 通常視力  0.7で「ふつう」
 A 動体視力  0.4で「ふつう」
 B 夜間視力  「ふつう」
 C 視野     127度で「狭い」

 次に実車で運転。・・・プリウスでした。
 受講生3人が同じ車に乗り、順番に交代で教官の支持に従って教習コースをまわります。
 クランクもS字コースも車庫入れもやりました。

 これにて講習修了。
 教官はけっこう横柄でした。昔とかわらないなあという思い。
 昔、横柄な者の代表といえば、「自動車学校の教官」と「ゴルフのキャディ」でしたが。
 今時「横柄なキャディ」などいませんが、自動車学校は変わってないのかもしれません。

 今回の講習では5,100円の料金でした。
 しかし採点評価をするわけでもなし、全員無条件で「高齢者講習修了証明書」が発行され
るわけですから、この講習そのものはあまり意味がないと思われます。
 少なくとも受講者として5,100円の価値はありません。

 ちなみに私の免許は75歳になるまでの4年間の期限になるそうです。
 要は、75歳までの残りの年数分だけの免許期限になるということです。
 従って、4年後の免許更新の際には、同級生がいっぱい・・・ということになりそうです。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 3月も体調に問題はなし。
 最近は少々食べても太らなくなりました。
 一旦体重を落とすと、代謝の状況が変わるんでしょうか。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 3月のゴルフは2回。スコアは106(56、50)、107(52、55)。
 もうボロボロです。
 ショットも、アプローチも、パットもすべてがおかしくなっています。
 どうしましょう。
  

平成31年3月分

 ◎ 迷人の雑言 「 国と民族と宗教と・・・ 
   
 水泳の「池江璃花子」選手が白血病であることを発表してみんなが心配している中、オリン
ピック担当大臣が「がっかりした」とか「盛り上がりが下火にならないかと・・・」と発言したとの
ことで国会で追及されていました。
 その際、「オリンピック憲章は読んでいますか?」という質問に対して「話には聞いています
が読んでいません。」と答えていました。
 そのオリンピック憲章では「国家間の競争ではない」とも「スポーツと選手を政治利用して
はいけない」とも書いてあるようです。
 しかしながら、現実的には「国別の競争」になっていますし、「政治利用」されてもいます。

 じゃあ、国(国家)ってなんなのでしょうか。
 【一定の領土とその住民を治める排他的な権力組織と統治権とをもつ政治社会。近代以
降では通常、領土、人民、主権がそのその概念の三要素とされる。】
 ということだそうですが、
 主権の及ぶ決められた領域(国)に認められた形で存在する人が国民となります。
 その国の国籍をもっていればその国の国民であり、その国が日本であれば「日本人」とい
うことになります。

 ただ「日本人」と言われても違和感を持つこともあります。
 テニスの「大阪なおみ」選手は日本民族の母親を持つハーフだそうで、日本とアメリカの2
つの国籍を持っていて、今は「日本人」として登録して活動しているようですが、アメリカに住
み日本語を話せない「日本人」となっています。
 卓球の「張本」選手は両親とも中国民族だそうですが、それでも「日本人」なのです。

 こういうことからいくと、国別意識みたいなものの意味合いがよくわからなくなってきます。
 ミスユニバースの日本代表が両親ともロシア民族なんてことも出てくるでしょう。
 相撲の「稀勢の里」が横綱になった時、「日本出身の横綱」という言い方をされました。
 「武蔵丸」が帰化した「日本人」としていたからのようです。

 国の成り立ちとしては、共通の民族の人たちが自分たちの領土、領海を守り、政治的に統
治しようとして出来上がってきたと思われますが、時には戦争をして領土を拡大して違う民
族が交じり合ったりしてきています。
 本来、同じ民族どうしで国家を作る方が安定するんでしょうが、なかなかそうはなりません。
 クルド人やパレスチナ人などは、決められた領域に国家を作ることもできていません。

 そんなこんなで、国というものと、民族というものは違って存在します。
 民族意識に基づいて団結することの方が、国という意識より強くなります。
 韓国と日本でもめているのは、この民族意識です。
 朴前大統領が「韓国と日本は1,000年たっても仲良くなれない。」と言ったのは、この民
族意識をよく表しています。

 世界ではこの民族意識のほかに「宗教意識」があります。
 同じ宗教を信じる人たちが同じ方向を向いて行動したりします。
 宗教意識は民族意識を超える価値観になったりします。
 同じ国に違った宗教が混じりあうと、時に争いになったりします。

 それでも、移民や外国人労働者などで、民族そのものが混じりあっていくグローバルな社
会になって行くと、国家というまとまり意識も薄れていってしまうかもしれません。
 日本民族だから日本に住みたい・・・なんて人も少なくなっていくのでしょうか。
 韓国人と日本人で「日本海だ。いや東海だ。」などともめていることもばかばかしいことなの
かもしれません。
 韓国も日本も単一民族だから余計に感情がぶつかるのでしょう。
 韓国人もさすがに「大阪なおみ」選手に「慰安婦問題について謝れ!」なんて言わないでし
ょうからね。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 2/28の体重は57.8Kg。
 最近は58Kg前後で安定しています。
 体重が減って筋肉も落ちていると思われますので、最近は腹筋や背筋を鍛えて肉体改造
に取り組んでいます。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 2月のゴルフは1回。スコアは91(50、41)。
 今回も比較的暖かくて風もなかったせいか、この時期としては上出来の結果。
 とはいうものの、前半のショットがまとまらないのは困ったものです。
  

平成31年2月分

 ◎ 迷人の雑言 「 悪いヤツほどよくモテる? 
   
 1/21に確定申告書をe−Taxで送りました。
 年度の終わりを実感する季節になりましたね。
 今年は「配偶者特別控除」の計算方法が変わったようで、昨年は31万円だったのが上限
の38万円になりました。
 カミさんの所得は昨年と変わりませんので、7万円分控除額が増えて得したわけです。
 配偶者控除の対象となる妻の収入の上限が103万円から150万円に引き上げられたか
らだそうですが、そういえば「103万円のカベ」がどうのこうのって言っていましたね。

 そんな中の1/28。
 前線が通過するということで午後から雨の予報が出ていました。
 が・・・。昼頃になったら雪が舞い始めました。
 「まあ大した雪にはならないだろう。」
 ということで、日課にしている「百々が峰」への山歩きに行きました。
 雪は降り続いていましたので、傘をさしながら登って行きました。
 すると、上に行くにしたがって積雪が見られるようになり、私のルートの一番上あたりでは
積雪が2cmほどになって一面真っ白でした。
 標高差300mほどですが、ふもととはずい分違います。


 下って来る途中に1回滑って転んで痛い目にあって家に帰ってきましたが、家のあたりは
積雪は全くなく、既に雨に変わっていました。
 300mといえども、標高差ってずい分影響するんだと実感した次第です。

 話変わって・・・。
 今年は6月に運転免許の更新ですが、70歳になったので「高齢者講習」を受けなければ
なりません。
 1/18にその案内が送られてきました。
 「運転免許更新の前に自動車学校で講習を受けて来なさい。」
 ということです。

 受講者が多くて自動車学校でなかなか予約が取れないという話も聞いていましたので、早
速1/21(月)に電話してみたら
 「今日は休みです。」
 という音声案内が流れてきました。
 「えっ。自動車学校って月曜日休みなんかー。」
 1/22にもう一度電話をして
 「3/28に予約したいんだけど空いてますか?」
 と言うと
 「現在は3/18分までしか予約できません。2月中旬にまた電話して下さい。」
 と言われてしまいました。
 まあそんなに混んでいないということなんでしょうけど、もっと予約できる期間を増やせばい
いのに・・・とも思いました。

 さらに、話変わって・・・。
 「純烈」というスーパー銭湯アイドルのメンバ・「友井なんとか」が芸能界引退ということにな
りました。
 週刊文春に私生活の素行の悪さをスッパ抜かれたための結末です。
 この「友井なにがし」、まずは最初の妻と離婚し、次のAさんにDVを行い、その次のBさん
の金を使い込み、さらにCさんとも不倫状態になり・・・。
 まさにワルの典型みたいなものです。
 芸能界を引退しようが、いずれまた別の女と関係を持つんでしょうけど。

 私の近所にもクズみたいな男がいますが、この男も離婚と結婚を繰り返し、今は4人目と
いっしょに暮しています。
 一方で、私の近所には真面目でおとなしい男が何人もいますが、これらはみんな40歳を
超えた独身者ばっかりです。

 どうも女の人には「悪いヤツほどよくモテる」ということのようです。
 真面目でおとなしい男じゃ「つまらない」ということなんでしょうか。

 最近同様に、京都大学の学生に騙されて風俗店で働かされたとか、国際ロマンス詐欺に
あってお金を騙し取られたとか、インターネットで知り合った男にひょこひょこ会いに行って殺
されたとか、女の人も脇が甘すぎると思わざるを得ないような事件がテレビで話題になって
います。
 特殊詐欺で騙される高齢者の場合はものすごく手がこんでいて、「騙されてしまうかも
なー」と同情もしますが、上記のように若い女の人が「単純な手口」に安易に乗っかり、被害
を受けることについては、同情する気にもなりません。
 自業自得でしょう。

 そういえば、秋篠宮家の眞子さんにも困ったものです。
 一般人なら好きにしてもらって「自業自得だろう」と切って捨てられますが、税金投入されて
いますので、湯水のようにお金を使われてもねえ。
 小室さん側の警備のために数百万/月が使われているとか。
 400万円を小室さんにあげてトラブル解決してもらった方がよっぽど安いですやん。
 結婚延期などといわず、とっとと結婚して一日も早く皇族を離れてもらいたいものです。
 もちろん、「品位を保つための」持参金(1憶3千万円)は辞退して。
 すでに品位なんて失ってしまっているのですから。

 私の先月のカラオケの課題曲に「 ねんごろ酒 」という歌があります。
 その歌の一節ですが
   ♪ ばかばか野郎が・・・ ばか野郎が・・・
      やんちゃ坊主が 好きだけど
      ろくでなし ろくでなし
      わたしゃあんたの お守りじゃない
 ろくでなしの男だけど、離れられない女の心情みたいなものです。
 まあ言いえて妙の歌詞ですが、世の中一般的にもこういった心情の女性が多いということ
でしょう。
 そういう現状があるかぎり、今回の「友井なにがし」他のような事件は無くなりません。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 正月早々にインフルエンザ(A型)にかかってしまいました。
 予防接種は受けていたのですが、その甲斐なく・・・といったところです。
 もっとも、ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる割合は60%らしいので、ウイル
スが近くにあったら感染してしまうんでしょうね。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 1月のゴルフは1回。スコアは93(51、42)。
 当日は比較的暖かくて風もなかったせいか、この時期としては上出来の結果です。
  

平成31年1月分

 ◎ 迷人の雑言 「 新しい年になりました 
   
 新しい年となりました。
 今年は平成から新元号に変わります。
 昭和→平成→新元号と3代を生きることになりますが、思えばいろんなことがありました。
 気分も新たに新しい時代で楽しく余生を送りたいものです。

 昨年末に「来年の運勢を占う」というつもりで、年末ジャンボ宝くじと有馬記念の馬券を買い
ました。
 結果はどちらもあえなく外れ。
 穴狙いはやめて、地道に生きて行きなさいという、神様&仏様のご託宣といったところでし
ょうか。

 年初早々毒づくのも大人気ないので、今月はこのコーナも静かにしておきます。
 今年もよろしくお願いします。
               

 ◎ 迷人の健康状態
   
 血糖値の検査をしてきましたが、Hba1cが5.4ということで、正常値になりました。
 食生活改善による減量の成果が実ったということでしょう。
 平成30年の医療費は夫婦二人で10万円を切り、医療費控除の対象外となりました。
 このところ、毎年10万円を超えていましたので、平成30年は比較的健康に過ごせたとい
うことでしょう。
   

 ◎ 迷人のゴルフ・プレイ状況
   
 12月のゴルフは2回。スコアは94(48、46)、96(46、50)。
 寒い季節になって気分は盛り上がらず。
  


平成30年分へ